,乗り物大好きのAlex(9歳♂)の観察(?)&Alexママの子育て日記" />

2009年05月08日

子供の日だったので…2

「はれときどきぶた」の16ミリ映画上映会(2009/5/6記事参照)の後、Alexはお友達と一緒に「しゃぼん玉、ヨーヨーつり、おりがみ、わなげ、わたあめ」等々の各コーナーに行き、楽しんでいた。
(わたあめは、"元"子供の分はなかった…バッド(下向き矢印)

午後3時から「荒馬座のショー」があるとの事で、全員ホールへ。

太鼓のショーが始まった。

0505Drums.jpg 
(すごい迫力!)

このままずっと演奏が続くかと思いきや、荒馬座のお姉さん、「みんな立って〜!」と声かけ。
0505Drums10.jpg 

「みんなにも太鼓を叩いてもらいま〜す♪でもその前に『荒馬』をやりまーす!」と準備運動代わりの「荒馬踊り」開始!
0505Drums1.jpg 0505Drums2.jpg
(この「荒馬踊り」は、Alexの通っていた保育園の年長児が、毎年秋祭りと運動会で踊る事が伝統となっている。)

その後、子供たちを5−6のグループに分け、実際太鼓を叩き始めた。
0505Drums6.jpg 0505Drums7.jpg
         (子供の日らしく、天井近くには「鯉のぼり」が…。)

かなりの時間をかけて、子供たちに太鼓を叩かせ、「えー、こんな難しいのできるの?」と思うような連弾も、みんな見事にやってのけた。子供たちの実力を疑って悪かった!ゴメンふらふら

最後には、荒馬座の方々の再度の演奏。
0505Drums8.jpg 0505Drums9.jpg
(迫力たっぷりでやはり素晴らしいぴかぴか(新しい)

ショーの冒頭に、「3時から4時までの1時間」と言われた時は「えー?そんなにかかるの???」とちょっと不安だったが、子供たちの参加型だったので、バカ親のマミーとしては大満足だった決定

やはり、日本の伝統芸能は素晴らしい。

At the community hall, there held a Taiko traditional Japanese drums show.
When I first heard that it'd last for about 1 hour, I wondered why it needed for that much time but actually there was a lot of kids' involvement.
There was a warm-up and then kids were divided into 5-6 groups and practiced how to play the drum.
Every kids took turns and played for many times and they all did great.

I was very impressed with the way it had been organized and carried out as it was kids-centered program.

And I was impressed with the performers' performance as well.
They made me appreciate Japanese culture.
posted by Alexmom at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世間の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。