,乗り物大好きのAlex(9歳♂)の観察(?)&Alexママの子育て日記" />

2006年06月25日

Riverdance(リバーダンス)るんるん

今日の午後、あまりに暇で何もする事がなく、思いついて、久しぶりにRiverdance
ビデオを出して見た映画

Riverdance.jpg


私がRiverdanceと出会ったのは、1996年の3月にアメリカに行った時だ。
Tアメリカの教育テレビと呼ばれるPBSテレビの募金活動で、「○○ドル募金すると、
Riverdanceのビデオをプレゼントしますよ」と紹介しつつ、ショーの映像を流して
いたのだ。

そのほんの数分のプロモーション用の映像と音楽に衝撃を受け、すぐにファンに
なってしまった。

ところでRiverdanceとは何?
アイルランドの作曲家Bill Whelanが、ケルト民族の歴史をモチーフとした音楽に、
現代的なアイリッシュダンスやタップダンス、フラメンコ、バレエ、そして生のバンドを
組み合わせたダンスショー。

2000年に東京に何代目かのカンパニーが来た時は、東京国際フォーラムに見に
行った。
メンバーはほとんどオリジナルとは異なっていたが、一人だけオリジナルのフラメンコ
ダンサーMaría Pagésがいて、彼女のパフォーマンスに感激した事を覚えている。

今日の午後は、Alexと一緒にビデオを見たが、ダンサーの足元がアップになるたび、
Alexは「すごいねぇ〜」と感心していた。
またバンドメンバーの演奏シーンを見ては、「Alexもギターやりたいなぁ」なんて
言っていた。やはり芸術は、子供にもよい影響を与えるようだ。

One of the audience of the show in the video said that
"It (the Riverdance show) makes you wanna dance!" and
I totally agree with him as I really hoped that I could dance!
posted by Alexmom at 22:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | Mommyの趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドメインは大事な資産です
Excerpt: 読者の方に指摘されて気がついたんですが、以前のリバーダンス日本公演で使われていた...
Weblog: Air - riverdance.org / Ragus(ラグース)がやってくる!
Tracked: 2006-06-26 23:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。