2009年05月06日

子供の日だったので…1

0505KidsDayCarp.jpg

 5日の朝、友人からメールで「児童館でお祭りがあるみたいだから、
 暇なら行かない?」とのお誘いがあったので、曇り空の中、
 雨を気にしつつも、Alexと二人、傘を持たず自転車でお出かけ曇り





0505FairPig.jpg

 到着すると、「はれときどきぶた」の16ミリ映画の上映会を早速、鑑賞。
 これ、絵本の存在は知っていたけど、読んだ事はなかったので、興味津津目
 ちなみに英語版も中国語版もあるとの事左斜め下





0505FairPigE.jpg 0505FairPigCh.jpg

内容は、小学生の男の子の則安君が、書いた日記の内容が現実のものとなるというもの。思った以上に楽しいお話だった。
ちなみにこのお話、書かれたのは今から30年ほど前との事で、上映会で使用されたフィルムもその頃作成されたのか、土曜日でも授業があったり、黒電話があったりと、時代背景のわかる映像のオンパレードだった。

って事は、主人公の則安君は、私と同年代exclamation&questionexclamation&question

May 5th was a National holiday for "Children's Day" and we went to a nearby community hall for an event.
There was a cartoon movie titled "Fair, then Party Piggy" showing when we got there.
It was based on a well-known picture book and I have heard the title for many times before but have never actually read it yet.
So Alex and I got in the room and I was taken to the story quickly.
It was so funny and there were some parts which reminded me of my childhood such as having classes on Saturdays, and using a black dial phone.
I guess the boy in the story might be about same age as me...?

posted by Alexmom at 23:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

足ながおじさん本

先日、買い物途中に近所の駅前で「あしなが募金」をやっている中高生を見かけ、ほんの気持ちだけ募金した。

それでAlexに「募金」とはどういうことかと説明した。
そのついでになぜ「あしなが募金」という名称なのか説明しているうちに「あ!『足ながおじさん』の本を図書館から借りて読んであげればいいんだ!」と気づき、買い物の帰りに図書館へ寄った。

0429Long-Leg.jpg
子どものための世界名作文学(集英社版)
ウェブスター作
吉田真一訳

夜、寝る前に数ページずつ読んであげているが、Alexは意外にくいついてきて、私が夕食準備している間とかも自分で読んでいる。
今日は、空手で疲れて眠いと言っていたが、「やっぱり読んで〜」と言ってきた。
あまり教育的結果を求めず、どんな本でも本人が何かを感じてくれればいいかな。

On our way to a supermarket, we Alex and I saw a several teenagers for fund-rasing campaign for children who lost their parent(s) to go to schools.
The group's name is "Ashi-naga kikin(Long-Leg Fund)".
The name is derived from Jean Webster's "Daddy-Long-Legs".
I tried to explain Alex what this group is about then I realized that I should just read a book to him.
So we went to a library and borrowed the book.
I read it before he goes to bed and he seems pretty into it.
I want him to learn something out of it but I guess I will just leave it to his own will.
posted by Alexmom at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

うんぴ・うんにょ・うんち・うんご本

Alexが通っていた保育園の看護師さんが紹介して下さった絵本がある。
その名も「うんぴ・うんにょ・うんち・うんご うんこのえほん」

1209Poop.jpg 文:村上八千世
 絵:せべまさゆき
 ほるぷ出版



2年ほど前、この絵本の内容を看護師さんが抜粋して、分かりやすく一枚のプリントにして子供たちに配布してくれた。

うんこがなぜ大切かを分かりやすく説明してくれて、親の私もすごく勉強になった。

絵本の最後の「お父さん、お母さん、先生方へ」という記事に、「食に関しては日頃話題にするのに、排泄についてはほとんど話題になっていないのでは?」「子どもたちと一緒にうんこについて考えよう」と書かれている。
全くその通りだ!
子供が乳児の時は、便で体調管理の重要な指標の一つだったのに、少し成長すると、ついつい忘れがちになっていた…。
今後も気をつけていこう目

ちなみにうちのトイレにはこの四種類のうんこのポスターを貼ってあるわーい(嬉しい顔)

I got Alex a book called "Unpi, Un'nyo, Unchi, Ungo", a poop book.
A nurse from Alex's daycare introduced to the children with easy explanation of why poop is important.
It helped me to understant it too.
When our kids are just new born babies, we watch and pay a lot of attention to their poop to see their body and health condition.
But we pay less attention as they get older.
I have to think it again and pay more attention and also care what to eat.
posted by Alexmom at 23:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

セルラー(Cellular)

今、読んでいる本が「セルラー(Cellular)」。

1002Cellular.jpg

実はこれ、キム・ベイシンガー主演の映画を小説化したもの。

セルラー - goo 映画
セルラー - goo 映画


科学教師のジェシカは自宅から突然誘拐され、どこかの家の屋根裏部屋に監禁される。
誘拐犯が粉々に壊した電話のワイヤーを使用し、ジェシカが信号を送ると、ライアンという青年の携帯電話(セルラー)に電話がつながるが…。

実はこの映画、今日、12チャン(TV東京)で木曜洋画劇場として放送していて、今日私が電車内で読んでいた部分が、偶然にもTV放映のCMで一番最初に出てきた。
以前この映画が公開されていた頃、TVCMで見ていて、おもしろそうだなぁーと思っていたので、ついついTVを見てしまった。

この映画、色々話に伏線があり、このブログを書きながらも、「あー、だからあの時、あーなってよかったんだー!」と気づいた事もあった。
もう一回見たいなぁ。でもその前に本読み終えよっと本

I've been reading a book titled "Cellular".
This is a novelized version of a movie with the same title starring Kim Basinger.
When I was watching a TV tonight, there was a commercial saying that the movie "Cellular" will be on TV tonight.
And the commercial had started with the very scene I was reading today.
So I got very curious and started to watch it.
This is such a well-made movie with lots of twists and fast-pace story.
There were a couple of parts that were twists which I didn't realize until now.
Maybe I want to see it again.
No, I'll finish the book before I watch it.
posted by Alexmom at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

Inkheart(魔法の声)本

つい最近読み終わった本が「Inkheart(インクハート)【邦題:魔法の声】」著者:Cornelia Funke。

Inkheart.jpg

これは、「声に出して本を読むと、その本の登場人物が実際の世界へ出してしまうという不思議な力を持った父と娘」の話。
この話の中で、主人公が「Inkheart」という本を声に出して読んでいたら、その中の登場人物が出てきてしまったという話。(うまく説明できてるかな?)
つまり「Inkheart」は劇中劇ならぬ、本中本なのである。なかなかユニークな視点で書かれた本である。

んでもって、これ、表紙に「Soon to be a major motion picutre.」ってあるからちょっとネットで調べたら、何と私の大好きなブレンダン・フレイザーが主役のMo(モー)役なの〜♪嬉しい♪
公開が待ちきれない!!!

ただ一つ不満と言うか、納得がいかないのは、実はこの本は三部作(Inkspell, Inkdeath)で、この本のエンディングは、いかにも続きますって感じで終わっていて、何だかちょっと消化不良気味…。おもしろい本っちゃおもしろい本なんだけどね…ふらふら

Inkspell、買って読んでみようかな?それか、これを貸してくれたAlexの英語の先生、持ってないか聞いてみよっかなぁ〜本

I just finished reading a book called "Inkheart" written by Cornelia Funke.
The story is about a father and daughter who have an unusual ability when they read aloud books.
Mo, the main character of the story read a book titled "Inkheart" and brought some of the characters out of the story. (Very confusing, huh?)

Anyhow, it was pretty well written though I didn't really like the ending as it wasn't really an ending. It was more like a break before the next chapter...

This book has been made into a movie which stars my favorite actor, Brendan Fraser!
Cornelia Funke herself had said that she was picuring Brendan when she was writing Mo.
Cannot wait to the movie!
posted by Alexmom at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

3匹の子狼と大きな悪い豚本

2−3ヶ月前に、「The Three Little Wolves and the Big Bad Pig」という絵本を購入した。

BigBadPig.jpg
 作:Eugene Trivizas
 絵:Helen Oxenbury
 出版社: Margaret Mcelderry
 ISBN-10: 0689505698
 ISBN-13: 978-0689505690



Amazonでの紹介:
http://www.amazon.co.jp/Three-Little-Wolves-Big-Bad/dp/0689505698

ん?どっかで似たような似てないような話を、聞いたような、聞いた事ないような?
そうひらめき「狼と3匹の子豚」の逆バージョンがく〜(落胆した顔)

「狼と3匹の子豚」では、狼が3匹の子豚の家を襲い、子豚達を食べようとするけど、最後にはやっつけられちゃうってお話。
でも、これはその逆。3匹の子狼が、大きくて悪い豚に食べられそうになるってお話。
しかも、この豚、そんじょそこらの豚ではない。
レンガの家が、吹き飛ばせないとわかると、何と、ハンマーを持ってきてぶっ壊してしまうのだがく〜(落胆した顔)

Alexも私も「えぇ〜、こんな話ありぃ〜?次はどうなるの?」と言いながら読んでいる。
発想の転換がとってもおもしろい絵本だ。

そして、Amazonでこの本を探してたら、「The True story of the 3 little pigs」という本もあるのがわかった。
http://www.amazon.co.jp/True-Story-Little-Pigs/dp/0140544518/ref=pd_sim_fb_img_1

風邪を引いていた狼が、ケーキ作りのために砂糖を借りに出かけたら、強風のような大きなくしゃみが出て、子豚達の家を飛ばしてしまっただけだと言うのだ。

これも中々おもしろそうわーい(嬉しい顔)
近いうちに購入してみようるんるん
Alexのリアクションも楽しみ〜わーい(嬉しい顔)

I got Alex a book called "The Three Little Wolves and the Big Bad Pig".
It's a story about 3 little wolves trying to live their own and big bad pig comes and says let him in the house.
When the wolves say "no", he tried to blow the house of bricks down but he couldn't do it.
And the big pig gets a big hammer and knocked the house down...
This is such a funny book and Alex and I love it!

And when I was checking it out on Amazon, I found another book titled "The True story of the 3 little pigs".
It's a story told by a wolf who says that he wasn't intending to blow the pigs houses just he had a terrible cold and just sneezed a little too strong.

I am very much interested in reading this book too!
I wonder how Alex would react with this one.
posted by Alexmom at 22:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

おふろだいすきいい気分(温泉)

今日、Alexの大好きな「ぱんぱんのおじちゃん」からゆずをいただいたので、冬至にはまだ早いけどゆず湯にしたいい気分(温泉)

いい匂いにつつまれてあったまって、お風呂から上がったら、Alexが「ご本読んで〜♪今日は『おふろだいすき』がいいなぁ〜♪」と言って持ってきた。

おふろだいすき

1210bath.jpg
 松岡享子作
 林 明子絵
 福音館書店
 ISBNコード: 978-4-8340-0873-9


この本、表紙に出ているかばを始め、たーくさんの動物が出てくる。
Alexは、この本を何度も読んでいるにも関わらず、その度に「え〜?かばが出てくるのぉ〜???」なんて言って、ホントに驚いたり、ゲラゲラ笑ったりしている目
その表情を見ているだけでもおもしろい。

この笑顔を見ると、まだまだ読み聞かせを止められないなぁと、ちょっと嬉しいるんるん

Alex's friend who works at a bakery gave us a several citrons so I made a hot citron bath today.
It smelled real good and warmed us very much.

After the bath, Alex said that he wanted me to read a book titled "Ofuro daisuki (I love taking bath)".

This book has some animals visiting a boy's bathroom.
And Alex has read it for many times yet he says things like "Why hippo is in the bath???" every time I read to him.

It's so much fun to see him laughing or giggling.
That's why I cannot stop reading the picture books to him.
posted by Alexmom at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

遠野物語

今、柳田国男氏の「遠野物語」を読んでいる。

tohno.story.jpg
遠野物語 (集英社文庫)
柳田国男著



実は、来週夏休みを取り、遠野物語の舞台となっている岩手県遠野市へ行く予定なのだ。

私達の住む市では、毎年遠野市と親子交流を行っていて、今年申し込んだら、抽選に当たったのだ。
5日間の訪問で、地元の方のお宅にホームステイもあると言う事で、今日、ステイ先のお宅の情報が送られてきて、それと共に、遠野市の観光パンフレットと、カッパで有名な遠野市を舞台にした映画「河童のクウと夏休み」の割引券が同封されていた。

tohno.story.panphlet.jpg tohno.story.koo.jpg

柳田氏の遠野物語は、昔の言葉や言い回し、岩手県の方言などが入っていて、理解するのは難しいけど、遠野について少しずつわかってきて、来週の訪問が今から楽しみだ。
Alexは、「カッパの生活図鑑」(2007/6/10記事参照)を読み、彼もまたワクワクして楽しみにしている。
楽しく過ごして色々学び、無事に帰ってきたい。

I am now reading a book called "Tohno monogatari (Tales of Tohno)" written by Yanagida Kunio.
Alex and I are going on a trip to Tohno-shi in Iwate prefecture next week.
The book is a bit difficult to read as its written in a bit of old Japanese with some Iwate (Tohno) dialect.
But it has been giving me glimpse of the area and its history.
Alex is reading a book about Kappa, mischievous water sprites what Tohno is famous for.

I hope that we'll learn new things while having fun and come home safely.
posted by Alexmom at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

Women of the Silk本

今日読み終わった本は「Women of the Silk」。
アメリカにいる友人が薦めて貸してくれた本。

woman_of_the_silk.jpg
著者:Gail Tsukiyama(ゲイル・ツキヤマ)



http://www.amazon.co.jp/Women-Silk-Gail-Tsukiyama/dp/0312099436/ref=sr_1_2/250-4018770-9925052?ie=UTF8&s=english-books&qid=1182951835&sr=1-2

これは1920年代から1930年代にかけての中国の紡績工場で働く女性達の物語。
「あぁ、野麦峠」に似てる話かなと思ったら、ちょっと(相当?)違う話…。

10歳にもならないうちに紡績工場に売られてしまう女の子Peiの成長を通して描く、女性に対する中国社会の姿と、第2次世界大戦へと突入しつつある日本軍の影に脅える中国社会の姿を描いている。

著者は「Tsukiyama」という苗字が示す通り、日系アメリカ人なんだけれど、実はお母様は中国人でお父様がハワイ出身の日系アメリカ人。
日中ハーフの著者だからこそ書(描)ける内容、場面が多々ある。
南京大虐殺の一端を思わせる描写もあるし…。

「Kira-kira」(2006/12/26記事参照)とは異なる過去の歴史を垣間見て、違う意味でまた色々考えさせられた秀作であった。

この続編の「The Language of Threads」も読んでみたいな。
シアトルのR様、よろしくね〜♪

I just finished a book called "Women of the Silk" written by Gail Tsukiyama.

The book is about a Chinese girl, Pei who was left at a silk factory by her own father to help her family's living.

It has some parts to show how hard and tough it was for women to live in China where all the women were forced either to loveless marriage or to work in places such as silk factory.
And it also had some scenes which weren't pleasant for Japanese readers to read.
Yet, this complex and sensitive story can only written and told by this auther who was born to Chinese mother and Japanese father and grew up in the US.

This book made me to think about so many things.
I would love to read "The Language of Threads", a sequal to "Women of the Silk".
posted by Alexmom at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

カッパの生活図鑑本

Alexが保育園から借りてきた絵本が、これ「カッパの生活図鑑」。

kappa.jpg
 著 者:ヒサクニヒコ/文・絵
 出版社:国土社
 ISBN :978-4-337-08702-6
      (4-337-08702-8)


kappa1.jpg kappa2.jpg

この本、かなりおもしろい。
会社で同僚女性たちに話をしたら、予想外に食いついてきたくらいだ目

内容はカッパの生態から、生活、子育ての様子と多岐に渡っている。
これを読むと「カッパって本当にいたのでは?」と思うほどだ。
何しろ、からだの骨格や内臓まで描かれているので…アート

この作者の作品には「ヒサクニヒコの不思議図鑑シリーズ」として、「オニの生活図鑑」「テングの生活図鑑」があり、これらも是非読んでみたい。
また、恐竜好きのAlexにはたまらない恐竜の本も多数書かれているので、それらもチェックしてみようと思う。
ちなみにすでにAmazonで、恐竜の本を一冊購入済みで、届くのを現在待っているところ。

Alexの趣味がどんどん、私の趣味になりつつある今日この頃…わーい(嬉しい顔)

Alex borrowed a book which was written about Kappa (Water/River Sprite).

It's talking about it in detail such as their bone structure and internal organs, and their life style, etc.
These details made me feel that they might have really existed...
To my surprise, my female colleagues got so interested in to the book when I talked about it.

This author, Hisa Kunihiko-san has also written about dinosaurs, and I've already ordered one book through Amazon.com and am waiting for it to be delivered.

It seems like Alex's hobby is becoming mine as well...




posted by Alexmom at 22:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

ぼちぼちいこか本

今月届いた絵本は、「ぼちぼちいこか」。

book.jpg

これ、中身大阪弁で書かれているけど、実はオリジナルは英語。
原題は「What Could a Hippopotamus Be?」
中身は単純。
かばくんが、「○○になりたい!」って思って挑戦するけど…ダメだぁーふらふら

book1.jpg
(バレリーナになれるかな?)

各ページ色々趣向が凝らしてあって楽しい絵本だ。Alexはお腹を抱えてゲラゲラ笑ってるわーい(嬉しい顔)
こっちはその姿を見て、笑ってしまう。

楽しい本はやっぱりいいなぁ〜本

This month's book is "What Could a Hippopotamus Be?" by Mike Thaler and Robert Grossman.
It's a funny book but its Japanese translation is done in Osaka accent thus it makes it funnier.
Alex fell about with laughter when I read it to him.

I love seeing him having a great time.

posted by Alexmom at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

The Beach House本

つい先日読み終わった本が「The Beach House」(日本語タイトル「ささやく海辺」)。
アメリカ人の女流作家Mary Alice Monroe(メアリー・アリス・モンロー)の作品。
The_Beach_House_trade.jpg

メアリー・アリス・モンロー公式HP:
http://www.maryalicemonroe.com/site/epage/4476_67.htm

これもまたAlexの英語の先生から借りた本。
自分では買わない(と言うか知らないし)作家だったが、先生から「You will like it!(きっと気に入ると思う)」と言われ、読み始めたら、はまった!

内容は『シカゴでキャリアウーマンしてた女性が、20年近く疎遠にしていた母からの「帰ってきて」という手紙を受け取り、仕事を首になった事を機に、渡りに船とばかりに生まれ故郷のサウス・カロライナに帰り、そこで過ごすひと夏の経験が、彼女の人生を変える』…といった感じかな。

一言で説明しようとすると何だか軽い感じになっちゃうけど、この作品、実は、海岸で出産する亀を保護観察するボランティアの話と、親子兄妹の葛藤も織り交ぜ、単なるラブロマンスではない、期待以上の秀作となっている。

今、この作家の別の作品「Skyward」(日本語タイトル「風の谷の約束」)を読み始めたが、これは、野鳥保護区で鳥専門の(?)医師とその家族の話で、これまた興味深い内容になっている。

作家自身、亀や野鳥の生態を調べるため、専門家や保護活動をしている活動家に取材を行い、丁寧に書いている。いずれの作品もほんの数週間の取材では書けないような内容になっていて、その努力に頭が下がる思いだ。

素敵な作品、作家に出会えて幸せ。紹介してくれたAlexの先生に感謝…ぴかぴか(新しい)

I finished reading a book called "The Beach House" written by Mary Alice Monroe who I had never heard before.
The book was about a woman who left her home for nearly 20 years returned home upon her mother's behest.

When I started reading the book I wasn't really that keen to it but as I read along, the story became facsinating more and more.

It was good mixture of story on the loggerhead sea turtles, struggles in family, mother and daughter, etc.
And it's always fun and exciting to find something with great quality.

If Alex's English teacher didn't recommend me of this book, I would have never enjoyed this fun work and great author.
I appreciate her very much.
posted by Alexmom at 22:07| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

Tears of the Giraffe(キリンの涙)

現在読んでいる本は、Alexander McCall Smithの"Tears of the Giraffe(キリンの涙)"。

Alexander McCall Smith公式HP:
http://www.randomhouse.com/features/mccallsmith/no1.html

去年、Alexの英語の先生からこのThe No. 1 Ladies Detective Agency series を借りて読んだのだが、予想以上におもしろく、先生がまた更に続編を購入したと言うので、早速借りて読んでいる。

アフリカ(ボツワナ)へ一度も行った事がないが、これを読むと、何となく
アフリカの事を少しわかった気になるし、そしてぜひ行って自分でもこの本に出てくるカラハリ砂漠を見てみたい気がするリゾート

本を読むと、色々想像し、行った事のない場所に行った気になったりして、とても楽しい。この趣味はず〜っと続けていきたい。

I am reading a book called Tears of the Giraffe of The No. 1 Ladies Detective Agency series written by Alexander McCall Smith.
Alex's English teacher had recommended it to me last year and I have been fan of it since.
It's very well written and fascinating book.
It makes me want to visit Africa and see Kalahari desert by my own eyes.
One funny thing is that I feel that this was written by a woman as I read along.
Maybe because the main character is a woman.
Anyway, I am happy that I have been introduced to this book.
posted by Alexmom at 23:20| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

いわむらかずおの世界

今日は、吉祥寺美術館に「いわむらかずおの世界」を見に行った。

吉祥寺美術館公式HP:
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

保育園へ行く途中の道路に市の掲示板があり、そこに「いわむらかずおの世界展」のポスターがはってあって、それを見るたびに「あ〜行きたい、Alex今度、これ見に行こうね。」と言っていた。

IwamuraExhibition2.jpg

今朝、ネットで場所を確認しようと吉祥寺美術館のサイトを見たら、今日午後2時から『ボランティアグループによる、いわむらかずおの絵本の読み聞かせ』があるとあったので、これは行くしかない!と思いお尻を上げ準備を始めた。

美術館に着いたら、時間はすでに1:45頃だったので、展示物を見る前に読み聞かせの会場で場所取りをした。Alexは、敷物の上に座り、私はその後ろに用意してあった椅子に腰掛けた。
開始時間の前に数名集まったので、読み聞かせのボランティアの方が、「皆さん集まったので、始める前に手遊びをしましょう。」と言って、手遊びを始めた。

teasobi.jpg

最初は、子供達だけが手遊びしていたが、時間が進むにつれ、周りにいる親も一緒になってやって結構楽しめた。

そして、時間になって読み聞かせが始まったが、Alexは真剣に聞いているようで、ボランティアの方の質問にも積極的に答えていた。
絵本を2冊「もりのあかちゃん」「14ひきのさむいふゆ」と紙芝居一つを読み、約30分の読み聞かせが終わった。

読み聞かせの後、展示物を見たが、作品の詳細まで描き込んでいて、絵本作家というより、芸術家、絵描きさんなんだと思った。それがわかっただけでも本当に行って良かった。
今日の記念にAlexに絵本を一冊「14ひきのやまいも」を購入した。

FamilyOf14.jpg

いつも思う事だけど、Alexのために…と思って出かけたり体験する事も、結局自分が一番楽しんでいて、とっても勉強になっている。
ありがとね、Alexくん。

We went to Kichijoji Art Museum for "Iwamura Kazuo's World".
And there was a picture book reading by volunteer group.
After the reading, we saw original pictures of Iwamura-san's works.

We both had fun and I would love to get more of his works.

posted by Alexmom at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

Xmas giftsクリスマス

今年のクリスマス、アメリカに住む知り合いから、もとい、サンタさんから
Alexはとーっても楽しい絵本をいただいた。

それは、これ↓。

Elephant.jpg  Fish.jpg

象の表紙は「大きな動物たち」。
魚(ニモ)の表紙は「自然の驚くべきパートナーたち」。

子供向けなんだけど、大人も充分に楽しめる、勉強になる本だった。

息子がいなければ、きっと頂かなかった、きっと目にする事も縁もなかったであろう絵本に出会えて、ホントに嬉しい黒ハート
Rサンタさん、ありがとうわーい(嬉しい顔)

Alex got two books as Christmas gifts from our friend in the US, I mean from Santa Claus.
Titles of those books are "Big Beasts" and "Nature's Amazing Partners".
These books are easily written for the little children to understand about the nature.
But it's good for people who are studying English.
If I didn't have a son, I would have never even seen this kind of book.
I appreciate Alex for giving me those opportunity to learn things I have never encountered before.
And I really appreciate Santa Claus (AKA Ms. R), for giving the books to Alex.

posted by Alexmom at 22:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

Kira-Kira(キラキラ)ぴかぴか(新しい)

昨日、「Kira-Kira」という本を読み終えた。
シンシア・カドハタさんという、日系アメリカ人によって書かれた、
1950年代のアメリカに暮らす日系アメリカ人の少女と、その家族の話。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/0689856407/ref=pd_rvi_gw_2/503-0779319-1431157

kira-kira.jpg

主人公のKatie(ケイティ)は、姉のLynn(リン)から「全てのものは
『キラキラ』」という事を教えてもらう。

とてもかわいい素直な姉妹とおとなしくて小さい弟、そして寡黙で勤勉な
両親。
物語は、両親がアイオワ州で仕事を畳まざるを得なくなり、父の兄が
住む南部のジョージア州へ一家で引っ越す事から始まる。
引っ越して一年で、ケイティの発音が南部訛りになる事など、ちょっと
楽しいエピソードなどが織り込まれ、就学前のケイティが10代へと
成長していく様子が描かれ進んでいく。

また、ケイティが、母親のようにおにぎりがうまく三角ににぎれないので、
「お母さんみたいに上手に三角に作れないと将来結婚できないかも!」
などというあたりは、自分の子供の頃を思い出し、思わず声に出し笑って
しまったわーい(嬉しい顔)

でも、いわゆる「めでたし、めでたし黒ハート」で終わる話ではない。
正直、最後は悲しいような複雑な思いで、読みながら泣いてしまった…。

完全なハッピーエンドではないけど、我々の知り得ない日系アメリカ人の
苦労が、無邪気な子供の目を通して描かれた素晴らしい秀作だと思う。

今回は友人から借りて読んだのだが、近いうちに自分用に購入しようと
思ったくらいの素晴らしい作品だった。こんな素晴らしい作品に出会えて
私は何て幸せなんだろう。私の人生もキラキラぴかぴか(新しい)かな?

I just finished a book called "Kira-Kira", a story about a
Japanese-American girl, Katie and her family, written by
Japanese-American author, Cynthia Kadohata.

It was very well written novel.
It had some funny episodes like how Katie's way of
speaking had changed to southern accent, such as saying,
"you all" istead of "you".
It also had another funny one that Katie had thought
that if she couldn't make a triangle shaped onigiri,
she wouldn't be able to get married when she's older.
That made me chuckle beacause it reminded me of when
I was her age.

The ending wasn't that happy though it wasn't unhappy
either.
I even cried in a train on my way back home.
But I still loved it and would love to get myself my
own copy of it as I borrowed it from my friend.
It's that worth it!!!
posted by Alexmom at 21:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

Teddy Bear & Alex Bears

こないだ丸善で行われたイベントにAlexと一緒に参加したら、
参加賞(?)として、「Teddy Bears」左斜め下という本をもらった。

TeddyBearBook.jpg

これには、テディベアをはじめとするかわいい絵や“くまのプーさん”の
作者や“パディントンベア”の作者など様々な人の、核心をついた
引用句が載っている。

ところで、うちには二匹(二頭?)のくまのぬいぐるみがいる。
リュックサックのアレックスくんとぬいぐるみのアレクサンダーくん。
(ややこしい…ふらふら

  Alex_bear.jpg      Alexander_Bear.jpg
(こっちはリュックのアレックスくん) (こっちがぬいぐるみのアレクサンダーくん)

「Teddy Bears」の本にも書いてあったけど、くまのぬいぐるみは
他のどんな動物のぬいぐるみよりも癒されるし、愛されてる〜ハートたち(複数ハート)

I got a book called "Teddy Bears - A Celebration In Words and
Paintings" which has some very good quotes and pictures.

There was a quote saying that:
"No other animal has ever achieved quite the same status in toyland.
.... none has enjoyed anything like the enduring popularity of the
teddy bears, nor have they given rise to quite so many stories...."
- Michael Bond, Author of "Paddington Bear"






posted by Alexmom at 23:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

もりのかくれんぼう

今月の絵本は「もりのかくれんぼう」。

HideAndSeek.gif 
 作: 末吉 暁子
 絵: 林 明子
 出版社: 偕成社



秋の森の話だけかと思いきや、けっこう高度な隠し絵がexclamation
大人でも見つけるのは難しいかも。

Alexは、難しいと思いながらも、楽しんでいたようだけど、話の後半には、
人間の自然破壊を少し非難するような一文もあり、けっこう考えさせるお話だと
私は受け取った。

こうやって楽しみながら、自然のことや社会の事を学んでいくのはいい事だ。
もちろん、実際の自然を楽しむ事も同じくらい大切だけど…リゾート

Picture book for this month was called "Mori no Kakurenbo" something
like, "Hide and Seek in woods". (Maybe?)
It's a fun book to find hidden animals though I felt it's a bit difficult.
We can enjoy and learn so many things from books as well as going
out into the nature.
posted by Alexmom at 00:07| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

Deception Point(デセプション・ポイント)

今、「ダ・ヴィンチ・コード」の作者ダン・ブラウン氏の作品、「Deception Point
(デセプション・ポイント)
」を読んでいる。

deception_point.jpg

「ダ・ヴィンチ・コード」や「天使と悪魔」と異なり、宗教色がないが、アメリカ政府と
NASAが関わり、大統領選も絡む内容で、けっこうスリリングである。
同時間帯に、複数の場所で起こる小さな出来事や事件が、複雑に絡み合い、
物語が進んでいく。

ダン・ブラウン氏お得意の、テンポ良く進んでいくストーリーの展開がおもしろい。

しかし、アメリカ政府内部の事をよくもここまで調べられるもんだと感心してしまうぴかぴか(新しい)

昔、「X-ファイル」を見ていた時にも思ったけど、政府機関と言うのは、どれだけ秘密を
持っているのかって事。
それらの秘密によって、国家の安全が保たれているのかも知れないけど、何を信じたら
いいの?って気分になってしまう…ふらふら

いずれにしても、これもまた映画化されるのかなぁ?

I am reading a book called "Deception Point" written by Dan Brown,
very famous author of "The Da Vinci Code".
I think this is a lot more easier and quicker to finish reading though
still there are some difficult parts as this talks about the US government and NASA!
I wonder how much true information we are given by our government.

posted by Alexmom at 22:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

バーバパパ本

今月届いた絵本は、「バーバパパ」!

Barbapapa0.jpg

バーバパパの絵(キャラクター)はよく見て知ってたけど、実は絵本は
読んだ事がなかった。

読んで驚いたのは、バーバパパが、土の中から生まれてきたって事目
動物園に入れられたりするけど、大活躍して町の人気者になる話だって
事もま〜ったく知らなかったふらふら

でも、「ベイビー」とかでなく、何でいきなり「パパ」なんだろ?
素朴な疑問…exclamation&question

There many fun and good books for kids and those who were kids once.
Sometimes we adults more enjoy kid's books than when we were kids.
I guess we want to go back to those innocent times...あせあせ(飛び散る汗)
posted by Alexmom at 23:37| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。